脇差:無銘(尻懸則長)

ご注文番号:20093
脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(尻懸則長)  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(尻懸則長) としては 上々作にランクされる作品です。
研磨済み

はばき:銀一重鎺
刃長:51.7 センチ
反り:1.5 センチ
目釘穴:3 個
元幅:2.87センチ
先幅:センチ
重ね:0.76センチ
刀身重量: 565 グラム
時代:鎌倉時代末期
体配:長巻を脇差しの長さに短くした作品
地鉄:板目肌に杢目肌が肌立ち地錵が良く付き細かな地景が入り白気映りが現れております。
刃紋:錵出来直刃基調の小互の目乱れに足、葉が盛んに働き打除、二重刃が交じり帽子先尖り、掃掛け風に返る
鎬地:板目はだに杢目肌が混じる。
    

特徴:尻縣は大和五派である保昌、当麻、手掻、千手院、尻縣の一つで手癖として直刃基調に足や互の目が
入る特徴があります。どの派も各僧院の兵の為に制作したと考えられそれぞれの派の特徴が出ております。
     

葵美術より一言:大和の中の尻縣派は則長を祖として栄えました。鍛えは板目肌流れごころとなり地錵が良く付きが付き刃紋は良く
刀剣博物館では無銘極めで尻懸則長と鑑定され鎌倉時代末期は下らない作品といえます、 薙刀直しでかなり重要刀剣に指定されておりますので挑戦する価値があると思います。 

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ