脇差:無銘(宇多)

ご注文番号:18018

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(宇多)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は、無銘(宇多)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せと銀の二重はばき。
刃長:55.2センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.65センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.52センチ
時代:室町時代初期頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く付き切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:小杢目肌よく詰んで地錵が付き
所々柾がかり帽子丸く返る、地には映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃にのたれが混じり小足が入り
二重刃、打除が混じり刃中に砂流、金筋が働く。       

特徴:本作は無銘であるが明るく冴えた作品で地金の詰んだ様子と
刃紋の冴えから室町時代初期頃の作品です。 
刀剣博物館では宇多と極められました。
宇多派は、大和国宇陀郡から越中に移住した一派で、
鎌倉時代末期の古入道国光を祖として南北朝時代に
国房、国宗、国次などの刀工が活躍し江戸時代迄繁栄した。

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に耳を広く立ち上げ花の図柄を金で象嵌をほどこす。
縁頭:赤銅地で波の図柄を彫る。
鐺:素銅地
鞘:変わり塗り鞘
目貫:赤銅地で鐙?の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
栗方:銀地で波の図柄を彫る。

葵美術より一言:一見すると地金の詰んだ綺麗な地金に明瞭な映りが表れ
刃紋は明るく冴えておりますので時代の古さを感じさせ京信国を彷彿とさせられます。
時代の古さを感じさせ地金に多少に弛みがあるものの
明るい冴えた刃紋と美しい地金は品格のある作品と言えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ