脇差:無銘(大道) 

ご注文番号:19704
脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(大道) 

末古刀:上作:美濃                          
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(大道) としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:30.3 センチ
反り:0.2 センチ
目釘穴: 1個
元幅:2.85 センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量: 250グラム
時代:室町時代末期から 天正の頃
体配:身幅が広く先幅もやや広めで少し先反りがあり典型的な室町時代末期天正頃の短刀です。
地鉄:杢目肌良く練れて地錵が良く付きが付き細かな地形が入る。地には白気映りが現れる。 
刃紋:小錵出来のたれ互の目乱れとなり海の波の波動を思わせる。帽子丸く返る

特徴:大道は室町時代末期から天正、慶長頃に活躍した刀工で陸奥守大道といわれ匂口が締まり身幅が広い作品が多い、本作のごとく良く詰んで杢目肌に地景が入り地錵が良く付きが付き奇麗な地金となります。 

拵:
鍔:楕円形の赤銅地に金で色絵をほどこす
縁:鉄地に文様を彫る  頭:鉄地に植物の刃を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし
目貫:家紋を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:赤銅地 魚子仕立てに剣巻龍を高彫りし、金と銀の色絵をほどこす。
小刀;不明
鐺:銀地

葵美術より一言: 大道極めの短刀は戦国時代に制作された作品です。
茎は生無銘で珍しくまた健全であります。拵えは中々良く出来ており

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ