脇差:無銘(古金剛兵衛)

ご注文番号:20595
脇差:拵え入り(保存刀剣)
銘: 無銘(古金剛兵衛)           
                       
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(古金剛兵衛)としてはに上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地に花の図柄を彫る
刃長:53.2センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:2個
元幅:3.03センチ
先幅:2.6センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:635グラム
時代:南北朝時代初期頃
体配:大擦り上無銘で身幅が広く重ね厚く反り適度につき表裏に棒樋を彫り大切っ先の豪快な作品です。
地鉄:柾目風となり映りが鮮明に現れる
刃紋:小沸出来直刃に小足が入り二重刃が働き帽子小丸に返る

特徴:通常金鋼兵衛は室町時代の盛高といわれているが古金剛兵衛は時代が遡り鎌倉時代から南北朝時代の作品を指して古金剛兵衛と称される。この古金剛兵衛の作品は珍しく当時の作風がよく見てとれます。特に刃中の柾目風の黒い流れる刃紋は珍しく北國物と相通じるものがあると考えられます。

拵:
鍔:円形の鉄鍔
縁頭:
頭:赤銅地に弓を引く人物を高彫し金で色絵をほどこす
縁:赤銅地に熊、ウサギ、猪を彫り金の色絵をほどこす
鞘:焦茶色鞘に帯状に青貝散らしを撒き華やかな雰囲気をした鞘
目貫:赤銅地で馬の図柄を高彫りする。
鐺:鉄池を長く上下に巻いて金漆で竹の図柄を描く
小柄:赤銅魚子地に大黒様が休む図柄を高彫し金で色絵をほどこす

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ