脇差:無銘(千手院盛国)

ご注文番号:19690
脇差:白鞘入り(保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(千手院盛国)
(切付銘)於武洲浅草脇毛落ル
截テ山野勘十郎 (花押)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(千手院盛国)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ二重
刃長:52.6センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87 センチ
先幅:2.1 センチ
重ね:0.69センチ
刀身重量:500 グラム
時代:江戸時代寛文の頃1661年
体配:身幅が尋常で重ねやや厚く反りが適度に付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が良く付き、一見すると大阪地金を思わせる。
刃紋:小錵出来匂口の深い互の目乱れとなり、のたれて二重、三重刃となり
刃中、砂流し、金筋が盛んに働き、刃文に関しては一見繁慶を思わせる野趣に富んだ作品となる。
帽子丸く先掃掛けとなり、焼き下げて鎬地に焼きが入る。

特徴:千手院和泉守源守正作は千手院和泉守源盛国と同人で
切れ味に優れ虎徹に良く似た作品を制作する。
安定、兼重とは良く似た作品であります。 

葵美術より一言:本作は無銘であったが、刀剣博物館の審査で保存の合格が決まり
千手院盛国に極まった作品です。地金は良く詰んで綺麗な地金となり
刃紋は相州伝を思わせる野趣に富んだ作品となります。
本作には切付銘があり、於武洲浅草脇毛落ル 截テ山野勘十郎と彫られております。
切付銘は武洲浅草で脇毛の部分を切り手山野勘十郎が裁断した作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ