脇差:無銘(伊予掾宗次)

ご注文番号:17616

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別貴重刀剣)

銘:無銘(伊予掾宗次)     

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 伊予掾宗次 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:53.8センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:2.71センチ
先幅:2.16センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代寛永の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く、切先が延びた体配の良い姿
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き地景が入り肌目が良く見て取れる
刃紋:錵出来互の目乱れとなり尖り刃交え刃中、砂流、柔らかな足、葉が盛んに
働き金筋が働き匂口深く古刀の風情を感じさせる。帽子、乱れ込む。

特徴:伊予掾宗次は、肥前諫早に住し佐賀に於いても制作する。
切先が大きく延びた体配は慶長時代の体配で姿が美しく堂々としている。
他の肥前刀とかなり異なり、特に切先や刃紋は相州伝を思わせる作品で
通常の肥前刀がほぼ丸く返る特徴であるのとは大きく異なる。
室町時代の激しい時代が今だ存在し、やがて落ち着いた時代へて変遷する時代背景。

拵:
鍔:木爪型素銅地に観世音菩薩
長命富貴と彫り黒漆を塗る。
縁頭:赤銅魚魚子地に飛び回る馬の図型を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒刻み鞘
目貫:赤銅地に牛の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:本作は穏やかなのたれ刃と
激しく焼き上げた相州伝の刃紋で細かな金筋が働き
正に傑作の部類に入る作品です。地金が良く刃紋は相伝備前を思わせる
傑作品ですのできっとご満足頂けると思います。

特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.