脇差:無銘(三原)

ご注文番号:19637
脇差:白鞘入り、拵え付き (保存刀剣)
銘: 無銘(三原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上々作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着せ二重
刃長: 54.1 センチ
反り: 0.8 センチ
目釘穴: 2 個
元幅:2.6 センチ
先幅: 1.83 センチ
重ね: 0.72 センチ
刀身重量:475 グラム
時代:室町時代前期
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な反りやや浅く切先が伸びる体配
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付きが付き奇麗な柔らかな地金となり映りが良く現れる。
刃紋:錵出来直刃良く締まり帽子丸く先尖りご頃に返る。

特徴:三原一派は鎌倉時代から江戸時代を経た刀工御群で現在の広島県(備後)の刀工でほとんどが
直刃で来の作品が圧倒的に多い。 特に地金の柔らかさを感じさせ時代が古い刀工は一般的に上質な地金が仕様されている。末三原となると末備前、末美濃のごとく地金の柔い地金が使われ
肌有れのある作品が多い。

拵:
鍔:円形の真鍮地に周りを広くとり龍を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地 魚子仕立てに龍を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:赤銅地 魚子仕立てに龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。 
笄:赤銅地 魚子仕立てに龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。 

葵美術より一言:本作は映りが鮮明にあらわれ一見すると延寿を思わせる風情であるが地金が柔らかく
刃紋も際立って刃中の働きも少ない所から古い三原と鑑定された作品です。
鎬地も小板目肌となり古さを感じさせる良質な地金が仕様されております。
制作年代は1444年文安頃と考えられる作品です。 特に映りが鮮明にあらわれ恐らく当時
は備前、備中、延寿あたりの刀工として極められてと考えられます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 480,000円

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ