脇差:無銘(三原)

ご注文番号:AS14074

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(三原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(三原)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:53.9センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.70センチ
先幅:1.86センチ
重ね:0.62センチ
時代:室町時代初期頃
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な
反りの深く切先尋常な優美な体配をした作品鎬地が広く急
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が付き
柔らかな地金に白気映りが交じる。
刃紋:小錵出来良く締まり一部は糸直刃となる。
帽子:丸く返り先掃掛となる。

特徴:三原派は備後国に居住した一派で、鎌倉末期に始まり、
室町末期にわたって繁栄するが、鎌倉末期から南北朝期の作を古三原と総称し、
室町時代の物を末三原を称している。この地方には東寺や蓮華王院など
大和中央の社寺の荘園が多く、三原派の作風に大和気質が窺えるのは
こうした畿内中央との交流によるものと推測される。
同派は各時代を通じて大和物の影響が見られる。

拵:
鍔:木爪型素銅地に赤銅で覆輪をほどこし地には桐の葉を片切りをほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に鯱と波の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色石目地鞘
目貫:花の図を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の作品は大摺上げ無銘で反りが深く付き優美な姿をした作品です。
三原は隣県の青江に接しており作風の似た作品を制作するので良く似た出来で
刀剣博物館でも三原の刀を鑑定に出した所青江として鑑定がくつがえる事は良くあり、又逆もあるのです。
本作は時代が上がり鎬地、地肌にも柾目はあまり目立たず
品格のある地金に映りがあらわれ格調の高さを感じさせます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ