脇差:河内守藤原国助(初代)

ご注文番号:18555

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(鍔:保存刀装具)

銘:河内守藤原国助(初代)

新刀:上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は河内守藤原国助(初代)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み(最上研磨)
はばき:金着二重
刃長:39.4センチ
反り:1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.13センチ
重ね:0.35センチ
時代:江戸時代寛永の頃
体配:身幅広く重ね厚く反りの深い菖蒲作りの体配で
表には二筋樋を裏には棒樋を彫る。がっしりとした体配の良い姿をした作品
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き地景が入って見事な大阪地金となる。
刃紋:錵出来、刃区よりのたれて匂口深めの互の目乱れとなり
変化があり帽子くびれて尖りごころに返る。

特徴:初代国助は、三重県伊勢亀山で出生した後に國広門下となる。
初代和泉守国貞同様に堀川国広の弟子で國貞同様に刃紋、地金共に酷似する。 
一般的には國助は、國広門下ではあるが越後守国儔に学び
作風も同様で寛永2年に河内守を受領した。
國広が亡くなった後に國貞と共に大阪に移住し大阪鍛冶の先駆者となる。 
初代國助の2代は拳丁字で有名な中河内であるが技巧的な刃紋に終始する。
一方初代作は野趣に富んだ相伝風となりその作品は愛刀家垂涎の作品であります。
作刀作品が少なくどれも名品であります。
本作は國広の如く手癖が酷似し野趣に富んだ放胆な作柄で
体配が頑健である事も素晴らしく薙刀の作品も珍しい。 見事な作品です。

拵:
鍔:木瓜形の赤銅鍔に、菊桐鳳凰図を高彫りし金で色絵をほどこす。保存刀装具(無銘:美濃)
縁頭:栗型:返角:赤銅魚子地に菊の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に家紋を描く
目貫:赤銅地に虎の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:初代の国助は国貞と共に鍛練技術を学んだ為作風が極めて良くにております。
本作も同様で親国貞といっても良い作品です。 
この作品は瑕、欠点がなく最上の研磨が」ほどこされ圧倒される様な作品と言えます。
国助の最も優れた作品は初代の作品で自然体でありますが作品が少ないので
愛刀家垂涎の作品といえます。
生国は伊勢で長門守の臣下であったが主家滅亡の後に刀工を目指し京に出て
越後守藤原国儔の門人となる。是非この名刀をお求め下さい。

葵美術正真鑑定書: 特別保存刀剣
鍔:保存刀装具
全身押し形

価格: 750,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ