脇差:河内守國助(2代)

ご注文番号:18561

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:河内守國助(2代)

新刀:上作:業物:摂津                    
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は二代河内守国助としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:59.6センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.07センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.60センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り浅く
切先の延びた寛永頃の体配をした作品です。
地鉄:小板目よく練れて肌目が良く見てとれる。
差表の切先から15cmくらいの刃紋近くに5ミリくらいの小さ鍛え割れや、
指裏の物打付近に極小の薄錆があるが、殆ど目立たない。
刃紋:刃区より錵出来直刃、その先丁字乱れとなり
拳丁字乱れが混じり刃中、砂流が入り
細かな金筋が働き帽子丸く返る。

特徴:本作は二代河内守國助による脇指である。
二代河内守国助は初代と三代に挟まれている所から通称「中河内」と呼ばれる。
華麗な刃紋から新刀一文字と呼ぶ人もいる。慶安(1648~)から
元禄(~1703)に至る迄の作刀がある。元禄十一年(1698)八月没。
拳を握った時の状態に似ている所からいわれる特徴のある拳丁字は
彼が初めて考案したと言われており、やや技工的な部分はあるが
当時から人気が高い作風である。
また、国助は安定同様に反りの極めて少ないのも特徴である。

葵美術より一言:中河内と言われた作品でやや技巧的でありますが
当時試行錯誤されて制作された拳丁字乱れで人気を博し
多くの侍より評価されたと言われております。
本作は二代にあらわれる傾向の有る荒沸も無く、
小沸出来で匂口の深い品格のある出来。
徳川幕府により帯刀禁止令により(寛文8年3月15日町人帯刀禁止令
同年5月4日猿楽等帯刀禁止の令が出された。
為に数多くの刀工が一度に失業したであろうと想像されます。 

拵:
鍔:角型鉄鍔に透かしを入れ地に細かな金で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に波の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:赤銅地に波と千鳥の図柄を高彫りする。

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣 
全身押し形

価格:700,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ