脇差:氏房作(関) 

ご注文番号:AS18548

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:氏房作(関)               
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は氏房作としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:34.6センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:2個
元幅:3.08センチ
重ね:0.78センチ
時代:室町時代末期
体配:表裏に棒樋を彫り身幅が広く重ね厚く
長寸で先反りの付いたがっしりとした作品
地鉄:小板目肌実の良く詰んで美しく綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来で丁字乱れに互の目乱れが混じり
帽子くびれて地蔵風に返る。

特徴:氏房は室町時代末期の刀工で若狭守氏房が有名な刀工ですが
やや時代が下がるのは地金が極めて精良である点と
刃紋がやや新刀期の作品に似ている等明らかに異なると考えられます。

葵美術より一言:本作の出来は末関に有りがちな
美濃の刀工の地金の弱さや白気映りは無く
極めて精良な地金となり刃紋も華やいだ丁字乱れの作品となります。
正に健全で出来の素晴らしい作品と言えます。これほど地金の良い作品は稀で
是非御薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 300,000円(消費税、送料共)

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ