脇差:武藏大掾是一 撙(へりくだる)

注文番号:14152
脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:武藏大掾是一
撙(へりくだる)
研磨済み
刃長:53.0センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.02センチ
先幅:2.17センチ
重ね:0.65センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅広く重ねの厚い表裏に棒樋を彫りがっしりとした作品で多少の摺上げがある。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き綺麗な地肌となる。
刃紋:小錵出来、直刃に小足が入り帽子丸く二重刃ごころに変える。
特徴:武藏大掾是一は川上左近と称し近江國で生まれ近江石堂と呼称される。
後に江戸に出て、一文字風の作品を多く制作し、地に映りをだして評価された。
出羽守光平も同様に武藏大掾是一と共に活躍し江戸石堂として評価を獲得する。 
古作一文字と異なる点は鎬地が柾目になる点で、無銘極めの一文字では
鎬地に樋を彫って誤摩化す程出来のよい作品が存在する。
本作は直刃出来で小足が入り武蔵大掾の優れた作品です。
裏に刻まれた撙は、この刀を造り申し上げるという意味だと思われます。
拵:
鍔:木瓜形鉄透かし鍔、龍の図柄を彫りしてる。
縁頭:鉄地に龍を彫り、金の色絵を施す。銘:平国 花押
鞘:小豆色石目地鞘
目貫:赤銅地龍を容彫り
保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形
価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ