脇差:武州住石堂八左衛門尉泰守久

ご注文番号:19246

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:武州住石堂八左衛門尉泰守久

新刀:中上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は武州住石堂八左衛門尉泰守久としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:赤銅一重はばき
刃長:55.4センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.15センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.66センチ
刀身重量:535グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅広く重ね厚く反りやや浅く切先やや延びた
寛永の頃の体配をした作品で長さも充分あります。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き映りが現れる
刃紋:匂出来、匂口深く付き丁字乱れに足、葉が佐官に働き
刃中、細かな砂流、金筋が働く
帽子同様に乱れ込んで刃中、足、葉が盛んに働き切先返る。

特徴:武州住石堂八左衛門尉泰守久は後に入道して秦東蓮と称する。
最も丁字乱れが上手く福岡一文字を狙って成功する。
常光、光平などの備前一文字を写す刀工が多いが
本作はその中でも最上傑作といって良い程一文字を狙って成功しております。

拵:
鍔:円形に松の木と思われる図柄を葉と幹を巧みに透かし彫りをほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に湖畔か川岸に飛び回る鷺と
思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし鞘
目貫:竹の杖と思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術よリ一言:守久の八左衛門尉と俗名を打った作品で後に東蓮と称す。
本作は一文字写しの作品で吉岡辺りに見える作品です。

特別保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ