脇差:武州住泰守久/石堂八左衛門尉作

ご注文番号:18423 (委託品)

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:武州住泰守久(初代、新刀、上作、業物、武蔵)
石堂八左衛門尉作

研磨済み
刃長:52.6センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2内1埋め 
元幅:3.19センチ 
先幅:1.99センチ
重ね:0.78センチ 
刀身重量:560g
時代:江戸時代前期、寛文頃(1661年頃)
体配:身幅広く、重ね厚く、反りがやや浅い寛文新刀の体配の刀。
地鉄:小板目肌が良く詰んで、地沸が付き。映りが鮮明に現れる。
刃紋:小沸出来、匂口深く、互の目に丁字交じり、足、葉が盛んに働く。帽子は乱れ込む。

特徴:守久は江戸時代寛文頃の石堂派の刀工で、石堂八左衛門尉とも称し、後に入道して東連と称した。
本作は表に守久、裏に八左衛門尉と切った珍しい作品です。
鎌倉時代の一文字を写した作。
一見すると吉岡一文字に似た作品で、出来も素晴らしい。
江戸時代には光平、常光、武蔵大掾が一文字を写すが、もっとも忠実な出来を示したのが、守久といっても良い。
本作は出来素晴らしく、お勧めできる作品です。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ