脇差:横山上野大掾藤原祐定/備州長船住人

ご注文番号:18494

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:横山上野大掾藤原祐定
備州長船住人
                                    
新刀:上作:備前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は横山上野大掾藤原祐定としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:44.2センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.975センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.70センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅広く重ね厚く表裏に棒樋と添え樋を彫り
角止めの形態となり切先尋常な脇差
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が良く付き綺麗な肌合いとなる。
刃紋:小錵出来、匂出来風となり刃区より直刃、
その先蟹の爪を思わせる刃紋となり
帽子のたれて掃掛ごころに丸く返る

特徴:横山上野大掾藤原祐定は平兵衛と称し、七兵衛尉祐定の子で
寛文4年、上野大掾受領し89才迄生存し長寿を全うした。
室町時代には備前の刀工は繁栄を誇ったが吉井川の反乱と
江戸時代の落ち着いた時代へと移行した為
ほそぼそと備前鍛冶を続けていくことになる。
特に横山上野大掾藤原祐定はその筆頭で見るべき作品を数多く残す。
意外と偽銘作が多く良く調べないと判別出来ない銘をした作品が多い事は
当時はかなり評価されていたに違いない。
本作は正真作で既に特別保存刀剣に合格しております。

拵:半太刀拵え
鍔:木爪型赤銅鍔に耳を立ち上げ中に文様を刻む
縁頭:赤銅魚魚子地に縁を金線で囲む
鐺:赤銅魚魚子地に縁を金銭で囲む
鞘:茶色塗り鞘
目貫:素銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は身幅がやや広くしっかりとした作品で
棒樋は角止めのきちっとした脇差で
室町時代に制作された蟹の爪と称される刃紋を
再現するなど優れた作品を制作した。 
出来のよい作品を是非御薦め致します。

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣 
全身押し形

価格: 480,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ