脇差:横山上野大掾藤原祐定 備前長船住人

注文番号:18328

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)
銘:横山上野大掾藤原祐定 備前長船住人

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は横山上野大掾藤原祐定としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀着せ一重
刃長:1尺8寸5分5厘 56.21センチ
反り:6分5厘 1.97センチ
目釘穴:1個
元幅:3.08センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で反りが深く付き、切先の延びた体配の良い姿をした作品。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が良く交じり、地錵が付き、柔らかな地金となり細かな地景が入る。
鎬地:小板目肌に杢目肌が混じり柾目が交じる。
刃紋:錵出来直刃、足が刃入り物打近辺から匂口が深くなる。
帽子:丸く返り焼下げる。

拵え
鍔:円形の鉄鍔に銀杏を思わせる図柄と透かしを入れて地には金で色絵をほどこす。
鞘:変わり塗り鞘。
縁頭:鉄地に波模様を高彫りし金の色絵をほどこす。
目貫:竹の葉を素銅地で高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:素銅地に魚子地に菊の花を高彫りする。

特徴:横山上野大掾藤原祐定は永正予三左衛門より6代目で七兵衛祐定の子で寛永10年に生まれ亨保6年89歳で亡くなる長寿の刀工であった。
室町末期吉井川の氾濫で備前鍛冶は壊滅的な状況となり更に江戸時代には刀剣の需要が激減した事もあって刀剣の製作が減少し多くの刀工は廃業の憂き目にあう事になる。
そのような中で備前一派の祐定が寛永頃から段々と活躍するようになる。
当時の面影は全く見られないが当時に事情に翻弄されてきた刀工の厳しさを感じさせる。

葵美術より一言:横山上野大掾藤原祐定は江戸時代に活躍した備前の刀工で古刀の作風とは異なり蟹の爪をおもわせる作品が多く又直刃出来も多い。
又江戸時代では最も知られた備前鍛冶の一人でどういう訳か偽名の作品が多い。
しかしながら本作は銘もしっかりとした作品で特別保存刀剣に合格しております。
直刃ながら明るく冴えて物打ち近辺からは匂口が深く出来の優れた作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:400,000円(消費税、国内送料共)

ご注文はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————

ページトップ ご注文フォーム お問合せ