脇差:於南紀重国造之

ご注文番号:21042

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:於南紀重国造之

新刀:最上作:良業物:紀伊
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 於南紀重国造之としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:39.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.33センチ
重ね:0.74センチ
刀身重量:470 グラム
時代:江戸時代寛永の頃
体配:身幅、重ね厚くがっしりとした作品で
菖蒲作り風に鎬を広くし反り適度につく。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸が付き地景が入る
刃紋:沸出来、匂口の深い中直刃を焼き足、柔らかく刃縁柔らかく入り帽子丸く先焼き下げごころに返る
  
特徴:重国は本国は大和で手掻派でに徳川家康に仕え
駿府で制作した。その後元和5年家康の第10子徳川頼宣が紀州和歌山に移動の際に従って移住した
彼の作風には2種類あり匂いの深い相州伝すなわち相州上工就中
江義弘に師叔したと思われる。他は彼のお家芸である直刃大和手掻の継承である包永を彷彿とさせる
もの、相州伝に手掻一派の作品を混ぜた包永を思わせる作品などを制作する。

拵:赤銅地に桐紋一作拵え

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 2,250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ