脇差:播陽国衛壮金重

ご注文番号:AS19348

脇差:拵え入り

銘:播陽国衛壮金重

新刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は金重としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:赤銅と金着二重はばき。
刃長:1尺7寸2分5厘(51.5センチ)
反り:4分(1.21センチ)
目釘穴2個
元幅:3.08センチ
先幅2.23センチ
重ね0.62センチ
刀身重量:550 グラム
時代:江戸時代延宝の頃
体配:2cm程の摺上、区送があるが銘は全てが残り、
身幅やや広く重ね厚く反り適度に付き
切先がやや延び体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌に柾目が交り地錵が良く付く
鎬地:柾目肌となる
刃紋:錵出来互の目乱れにのたれが交り
匂口深く足太く入り、砂流、金筋が良く働き
帽子丸く返り鎬地にも焼きが太く匂口が深く長い金筋が働く。

特徴陽国衛壮金重は名鑑漏れと考えられますが
水田国重一派の系統と考えられ地金が良く
刃紋は荒々しい匂口の深い互の目乱れとなり鎬地にも激しい焼きを入れる。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に花の文様を透かす。刀匠鍔。
縁頭:赤銅魚魚子地
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に鶏と雛を高彫りする。

葵美術より一言:本作はしっかりとした健全な脇差で
出来が特に良く水田国重に酷似し
最高級の刃紋であります。是非御薦めします。
きっとご満足されますよ。
多少の小錆がありますがそれ程気にはならないと思います。

保証: 保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 160,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ