脇差:播磨大掾藤原重高(二代)

ご注文番号:21039
脇差:拵え入り(特別保存刀剣)
銘:播磨大掾藤原重高(二代)
越前住

藤代刀工辞典:新刀:中上作:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は播磨大掾藤原重高としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀二重
刃長:54.8センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.96センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量: 485グラム
時代:江戸時代寬文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが深くつき
鋒が伸び表裏に棒樋を彫り肉置きの良い作品です。
地鉄:小板目肌よく摘んで地沸がつき綺麗な肌合いとなる。
刃紋:刃区より直刃、その先丁子乱れとなり足がよく働く
帽子は三作風に返る。

特徴:播磨大掾藤原重高は越前の刀工で本作は二代播磨大掾藤原重高による脇差。重高は幕末迄十一代続いた越前の名工。
二代重高は初代重高の弟子で、銘振りは初代銘とは異なり、本作の様なやや縦長の銘となる。

拵:半太刀拵え
鍔;木瓜型の鍔に周りを金で色絵をほどこし葉と蔓を高彫する。
縁頭:鐺:栗型は赤銅地に木の葉と花を金色絵で描く
鞘:こげ茶色に黒の模様を描く
目貫:赤銅地で龍の図柄を高彫し金で色絵をほどこす
小柄;赤銅魚子地に龍の図柄を高彫し金で色絵をほどこす

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ