脇差:摂州住藤原忠行

ご注文番号:19428

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:摂州住藤原忠行

鞘書:藤原忠行
大阪忠綱之門
犬塚寿仙(花押)
                               
新刀:良業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は摂州住藤原忠行としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:49.4センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1
元幅:2.86センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量:435 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反り適度に付き、切先ややのびた体配
地鉄:小板目肌よく詰んで綺麗な大阪地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先、丁字乱れとなり足長く切先に向かう。
帽子:尖りごころにのたれて丸く返る

特徴:忠行は初代忠綱の門人で、本作はまるで忠綱を見る様な作品である。
身幅広く、がっちりとした、豪華な作品で、ぜひ、お買い求めください。
忠行は初代と二代があるが、本作は初代の作品です。
忠行は、本名を太郎右衛門と称し近江守忠綱の弟といわれ
作風もかなり酷似している。特に刃中の刃紋の足に絡んで砂流が良く掛かり
忠綱と変わらない出来が多い。切れ味が良く良業物に指定されている。  

拵:
鍔:円形の鉄鍔に武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地で波の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:青貝散らしと上部に焦げ茶色の鞘
目貫:四分一地で家紋を彫る

特別保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ