脇差:摂州住国重(池田鬼神丸)

ご注文番号:AS20010
脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:摂州住国重(池田鬼神丸)

新刀:中上作:業物:摂津 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上々作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長:1尺9寸7分5厘 (59.85センチ)
反り:4分5厘 (1.363センチ)
目釘穴:2個
元幅:2.97 センチ
先幅:2.24センチ
重ね:センチ
刀身重量: 550グラム

時代:江戸時代元和の頃
体配:身幅がやや広く重ね厚く表裏に棒樋を彫り切先が伸びる。
地鉄:小板目hだ良く積んで地錵が良く付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:刃区より直刃その先互の目乱れ
丁字乱れが混じり拳丁字が混じって華やかな刃文となり
匂口深く傑作刀です特に差裏は破綻がなく師匠の出来を上回る傑作刀の刃文と言えます。
当初の出来から2代国助に弟子入りしてからこの最上傑作の刃紋をものにした
鬼神丸国重の技量には頭が下がります。

特徴:摂州住国重は備中水田派で長兵衛と称し
後に中河内国助の弟子となり池田に住す。
江戸や奥州でも制作する。

葵美術より一言:中河内国助の弟子となり師匠の技量を真剣に学び
やがてこの様な匂口の深い福岡一文字を思わせる作品に達した池田鬼神丸国重とは
どのような人物であったの興味が湧いてきます。 
池田とは摂州池田(現在の大阪池田)にありその差し料は
勝小吉新撰組3番隊長斉藤一の愛刀でありました。
勝小吉とは江戸時代後期の旗本。左衛門太郎惟寅(これとら)と称し、
幼名はもと亀松、勝家に養子に入った後は小吉と称し健脚に強く暴れん坊出会ったと言われる。
本作は一文字を彷彿とさせる傑作刀であります。

時代背景:江戸時代の平和な時期となり
刀剣の需要が急減した為刀工は生き抜く為に創意工夫をこらし
変化のある鑑賞できる作品を競い合って制作した時代。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ