脇差:山城大掾藤原國次

ご注文番号:18060
脇差:白鞘入り、拵え付き(特別貴重刀剣)
銘:山城大掾藤原國次
新刀:中上作:業物:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は山城大掾藤原國次としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地二重
刃長:35.6センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.60センチ
重ね:0.8センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:薙刀を模した脇差で身幅が広め重ね厚く三つ棟となり鋭さの有る体配をした作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来、匂口の深い直刃、帽子同様に匂口深く丸く返る。
特徴:山城大掾藤原国次は越前で活躍した大和大掾正則の子で
山田七郎兵衛と称する。
寛永6年65才で亡くなる。
拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に耳を立ち上げ虎と竹の木を彫る。
縁頭:赤銅魚魚子地に蜘蛛の糸を金で繋ぐ
鞘:卵殻微塵塗
目貫:赤銅地で兜の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
葵美術より一言:珍しい薙刀風の脇差でしっかりとした作品です。
拵えも良く:卵殻微塵塗の鞘は当時かなり派手で目を奪われたと考えられます。
吉原などに遊びに行く時など大小の卵殻微塵塗鞘を腰に差していく様子が思われます。
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形
価格:320,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



ページトップ ご注文フォーム お問合せ