脇差:山城大掾藤原国重

ご注文番号:16320

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:山城大掾藤原国重

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は山城大掾藤原国重としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
刃長:52.8センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.84センチ
先幅:2.12センチ
重ね:0.6センチ
時代:江戸時代中期頃 貞享の頃
体配:身幅広め。重ね厚く反り適度に付き
切先が延びた体配の良い脇差
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き精良な地金となる。
鎬地:板目肌に柾目が混じる
刃紋:錵出来刃区より直刃その先匂口の深いのたれに
互の目乱れとなり
刃中、砂流、金筋が良く働く

特徴:備中国水田住国重は室町時代末期から江戸時代迄続く刀工群です。
水田一派の特徴は匂口の深い互の目乱れで鎬地にも同様な刃を焼く特徴があります。
備中国呰部住河野理兵衛尉為家、大与五国重、水田住山城大掾源国重等俗名を
入れた作品もありますが、概ね荒錵の良く付いた野趣の富んだ作品が多い。
本作は切先付近に一分鍛えがあるがさほど目立たない。荒錵が良く付き覇気のある良い脇差です。

葵美術より一言:山城大掾藤原国重の魅力はその激しい匂口の深い荒々しい覇気のある刃紋にあります。
本作は刃中の働きが横溢で砂流、金筋が盛んに働く見事な出来です。

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形

価格:245,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



ページトップ ご注文フォーム お問合せ