脇差:宝寿

注文番号:AS18048

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:宝寿                                  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は宝寿としては上作 にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:51.3センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.23センチ
重ね:0.65センチ
時代:南北朝時代
体配:大振りの長巻を摺上げられた作品で茎の宝寿と銘が残る。
地鉄:板目肌の大板目肌が混じり地錵が付き肌立ち
肌目が荒れごころの地金に地景が入る。
刃紋:錵出来、匂口やや深くのたれに小のたれが混じり
刃中、砂流細かな金筋が働き帽子焼詰めとなる。

特徴:宝寿は、鎌倉中期頃から室町時代中期頃まで続く
陸奥平泉で活躍する刀工群である。
宝寿は、当時から名前が良く室町将軍家では産所の守り神として、
天台宗の僧に祈祷させ袋に入れ産婦の側に置くことになっていた。
武州御嶽神社の宝寿丸は、古来有名である。
本作は、多少の地荒れがあるのは惜しまれるが、鑑賞にはそれ程苦とはならず、
地金に良く練れた作品で、刃中に働きも良く

葵美術より一言:宝寿の在銘は少なく神社仏閣の宝刀として保存されている場合が多い。
興味が有るのは宝寿と九州物、西蓮あたりの肌物と良くにているのは何故なのか。
交流があったのかは分かりませんが興味のある所です。 
時代が古く多少の荒れは九州物又は奥州物はやむを得ない所です。 
いかにも宝寿らしい作品でお薦めしたい出来です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 600,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ