脇差:宇多国久

ご注文番号:20119

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:宇多国久

田野辺先生鞘書:越中宇多国久 刃長壹尺貳寸八分弱有し 探山識
裏に四字有銘国房弟尚手代応永也兄弟共に同派中
最も高い技術を示し本作も互の目乱れが連れる刃取りで厚く錵付き
砂流、湯走り迫力ある帽子に結ぶなど出来宜
形状は応永の風なれど殊の外反深き点が特異也

中古刀:中上作:越中
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 宇多国久 としては最上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:金着せ一重
刃長:38.6センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:3ケ2埋め個
元幅:2.07センチ
重ね:0.57センチ
刀身重量: 285グラム
時代:室町時代文安の頃1444年
体配:身幅が尋常で反りが深く付き先反りとなる。
地鉄:小板目肌の小杢目肌が混じり
柔らかな地金となり淡い白気映りが現れる。
刃紋:錵出来小互の目乱れが続き上に行くにしたがって
刃中の働きが横溢となり足、葉さらに砂流し
金筋が働く。帽子、丸くはきかけて返る

特徴:宇多一族で国房の子と言われている。 
作風は父親の作域に似て応永頃の作風を思われるが
反りが高く室町時代の特徴を示しております。
詰んだ柔らかな地金の特徴に二重刃、砂流し、金筋が入り
帽子の丸く返った部分に掃掛けと金筋が見てとれます。
備前物とは異なり野趣に富んだ雰囲気を感じさせる。
 
葵美術より一言:宇多国久を見ておりますと明らかに備前物の整った地金と
刃紋とは異なり野趣に富んだ刃紋を感じさせます。
地金は詰んで柔らかな雰囲気の中に白気映りが現れます。 
刃紋は煮えが強く小互の目乱れではありますが
刃に絡んで金筋、足、葉が柔らかく
また二重刃がかって切先には錵出来の刃紋が柔らかな錵が深く掃掛けとなり
金筋が働くなど複雑な景色を堪能する事ができます。  
どちらかといいますと玄人好みのする作品で遠く則重一派の
相州伝につながる作域を感じさせます。 
決して著名な刀工ではありませんが愛刀としてお持ちになれる作品といえます。   
田野辺先生の鞘書きが記載されており、鎺も金着せ一重で丁寧に制作されております。
研磨も良くなされており私の意見は是非お薦めしたい一振りです。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 430,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ