脇差:奥州会津住三善長道(8代)

ご注文番号:17622
脇差:拵え入り(保存刀剣)

銘:奥州会津住三善長道(8代)
行年六十有六歳造之 万延元庚申年八月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来はとしてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:36.1センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1 個
元幅:2.55 センチ
先幅:1.96センチ
重ね:0.62センチ
刀身重量:290グラム
時代:江戸時代末期万延元年
体配:やや小振りの脇差しで良く練れ、
地金に匂出来に近い互の目乱れを焼き上げる。
地鉄:小板目肌良く付き柾目が入り、肌が良く入りよく練れた地金となる。
刃紋:匂出来に近い互の目乱れを
焼き足良く入り帽子乱れ込んで丸く焼き下げる。

特徴:奥州会津住三善長道は初代より、江戸時代末期8代まで続く刀工群であります。
会津藩の武士のよって大きく指示されてきた刀工です。
初代は寛永頃の作品で江戸時代も安定した時代となり
刀剣の需要が少なくなった事で兼定とともに美濃から会津に移住し
代々幕末に至まで活躍する。切れ味に優れ多作品を多く制作する。

拵え
鞘:黒褸色鞘に上から下へと筋をいれた変塗鞘
鍔:赤銅地に波の図と龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:鉄地に銀で九曜紋、蔓草を描く
目貫:傘と思われる図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:やや小振りの脇差しで
きっと大小で存在されていたと考えられます
見事な鞘と鍔などの道具を用いて拵えを成す。
お薦めしたい作品です。          

時代背景:戊辰戦争が発生する。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ