脇差:大和守吉(以下切れ)吉道 (無保証) 

ご注文番号:18236

脇差:拵え入り(委託品)
銘:大和守吉(以下切れ)吉道 (無保証) 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は大和守吉(以下切れ)としては普通作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:59.3センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.05センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:摺上げ区送があり大和守吉(道)と銘があり身幅が広く重ね厚くがっしりとし、反り寛文新刀の体配で反りが少なく切先がのびた体配の作品。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地肌となる。
刃紋:錵出来二重刃が入り足良く働き帽子丸く返る。

特徴:大和守吉道は大阪初代丹波守吉道の次男で三品宇左衞門と称し初期作には簾刃を見かける。
河内守国助の影響を受けた拳形丁字乱を焼き技量の確かさを発揮している。
丹波守吉道と同様の出来の他、吉道独特の虎の尾返りの交じった丁字乱を完成させ鑑定の見所の一つとなっている。
残念ながら本作の銘は偽名と考えられる。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に乱舞する鶴の図柄を彫る。江戸時代後期
縁頭:赤銅魚魚子地に馬の図柄を彫る
鞘:朱塗り鞘
目貫:赤銅地に花の図柄を彫る

葵美術より一言:大和守吉(以下切れ)吉道と銘があり刃紋は簾刃がかり一見すると正真とも見えるが、当社としては無保証扱いとなります。
身幅が広く瑕欠点のない作品です。

無保証
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 190,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ