脇差:国正(近江守・陸奥・元禄頃)

ご注文番号:19332

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:国正(近江守・陸奥・元禄頃)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は国正としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:45.8センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.28センチ
先幅:2.49センチ
重ね:0.76センチ
刀身重量: 515グラム
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が3.28cmと広く重ねが厚く
がっしりとした作品で反りが深く大切先となる。
地鉄:板目肌よく詰んで肌立ち地錵が付き黒味の付いた北国地金となる。
刃紋:錵出来、刃区より直刃、その先匂口の深い互の目乱れとなり
足良く刃入り刃中、砂流金筋が働く。
帽子:くびれて丸く返り、大きく焼き下げる。

特徴:国正は国広一門にもいるが、
刀剣博物館では陸奥の国正と鑑定されました。
近江国源国正と称し、その後江戸に出て文衛門と称し秀辰の門人となる。

拵え:
鍔:木瓜形の鉄鍔に植物を真鍮象嵌し、猪目透しを入れる。
目貫:鶏を高彫りし金で色絵をほどこす。
縁:赤銅地に鳳凰の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
頭:素銅地に植物の図を彫る。
鞘:深緑色の鞘に金散らし。

   
葵美術より一言:本作は身幅が広くがっしりとした作品で
重量もある体配の良い作品といえます。
二字銘である点と出来の良い作品なので国広の門下と思われました。
健全な出来で是非御薦めしたい作品です。 
出来が良い為に現在特別保存刀剣に合格しております。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ