脇差:加州住兼若(四郎右衛門)

ご注文番号:18336

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣) (甲種特別貴重刀剣)

銘:加州住兼若(四郎右衛門)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は加州住兼若としては上々作にランクされる作品です。
新刀:上作:業物:加賀
上研磨済み
はばき:金着二重
刃長:53.6センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.97センチ
先幅:2.06センチ
重ね:0.66センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅広く重ね厚くしっかりとした脇差しで反り適度に付き切先がやや延びた体配の良い脇差し。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き地景が入り黒味のする北国地金。
刃紋:錵出来、匂口深めの互の目乱れ濤乱刃となり帽子丸く返る。

特徴:加州住兼若の初代は慶長時代の刀工で室町時代の影響が強く野趣に富んだ作品が
多く加賀では当時人気がとても強く”たとえ禄が低くとも兼若の刀を持つ者には
嫁にやる”といわれ前田家では皆が望んだ刀ちして有名であります。
本作はその3代の銘に当たり四郎右衛門と称され上手な刀工であります。
本作は濤乱風の大互の目乱れを焼き上げております。

拵え:
鍔:竪丸形の赤銅磨地鍔。耳を金で覆輪。
鞘:黒色。一部千段刻みを入れる。
縁頭:鐺:四分一地に龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
目貫:龍の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
小柄小刀:素銅地に波千鳥の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

保存刀剣
甲種特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 950,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ