脇差:加州住兼巻(四代)/二胴切落(截断銘)

ご注文番号: 19490

脇差:白鞘入り

銘:加州住兼巻(四代)
二胴切落(截断銘)                                  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は加州住兼巻としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:1尺7寸5分 (53.0センチ)
反り:5分 (1.5センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.0センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量: 550グラム
時代:江戸時代 享保頃
体配:身幅、重ねがっしりとした脇差で反りが深く付き切先が伸びる。
地鉄:小板目はd良く詰んで地錵が良く付き綺麗な地肌となる。
刃紋:刃区より直刃、その先大きくのたれて濤乱風に大きく乱れ
匂口の深い作品で帽子同様に丸く深く返る。

特徴:加州住兼巻は初代を慶長頃として5代目で続く刀工群です。
地金が詰んでいる事と刃紋が濤乱風になる所から4代頃の作品と考えられます。

葵美術り一言: 当社では銘を正真として認め当社の正真としての鑑定書を発行させて頂きます。
がっしりとした作品で重量感がり元幅、先幅もしっかりと反りも深く刃紋は濤乱刃となり
匂口の深い作品ですが、ややばさけた刃紋で刃中には砂流しが働き、
切先は匂口の深い丸い帽子となります。棟区から5cm近いところに切り込み瑕が残っております。
誉れ瑕といわれ欠点ではありません。茎には銀象眼で二胴切落という裁断銘があります。
がっしりとした重量感のある作品で切り込み瑕があり、
刃紋は匂口に深い濤乱刃に近い出来でお薦めしたい作品です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ