脇差:出雲守藤原吉武/清七作

ご注文番号:11073

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:出雲守藤原吉武
清七作                     

新刀:上作:業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は出雲守藤原吉武としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:51.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1個
元幅:2.9センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代 天和の頃 1681年
体配:身幅広め。重ね厚く反りが浅い寛文新刀の体配で
切先やや延びた体配の脇差。
地鉄:板目肌柾目に流れ地錵が良く付き肌目が良く見てとれる。
刃紋:錵出来、匂口の深い直刃でほぼ太直刃となる。刃中、砂流、細かな金筋が働く。

特徴:出雲守藤原吉武は山城の刀工。初代は京堀川派で堀川国武の子である。
三条吉則の末流で、後に江戸に移住した。法城寺一派と交流があったと思われ、
合作名の作品も残っている。元禄七年(1694)五月に没した。
初代の養子となった越前三代国次の三男が二代を継ぎ、亨保の頃活躍した。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に波間に飛び回る千鳥を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘に花の文様を彫る
目貫:赤銅地の鳥の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の出雲守藤原吉武は身幅、重ねが
しっかりとした作品で肉置きがたっぷりとしており
太直刃に近い匂口の深い作品で法城寺一派に近い作品です。
裏に彫られた清近とは珍しく珍品と言えます。
拵えもしっかりとした作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ