脇差:兼法

ご注文番号:18488

脇差:白鞘入り、拵え付き

銘:兼法
                                 
末古刀:中作:良業物:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼法としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:(35.15 センチ)
反り:2分1厘(0.61センチ)
目釘穴:2個
元幅:2.69センチ
重ね:0.45センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ね尋常な反りがやや深く
珍しく片切刃の体配をした作品
地鉄:小板目に小杢目肌を交えよく練れて
地錵が付き白気映りがあらわれ精良な地金となる。
刃紋:錵出来直刃、先尖りごころに丸く返り焼き下げる。

特徴:兼法は関の刀工で兼常の子とも言われている。 
室町時代に美濃では数多くの刀工手段となって活躍する。 
美濃では特に短刀の制作が多く、多くの刀工が活躍したが
戦乱がやがておさまり特に短刀を求める需要が急減すると
各地に移住し新刀鍛冶として再出発する殊に成る。 

拵:
鍔:真鍮地に菊の花と蝶の図柄を彫る
縁頭:素銅地に魚子を打ち金で色絵をほどこす。頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に亀の図柄を素銅地で描く 表の図柄は不明です。

葵美術より一言:美濃刀で平打ちの作品は極めて少なく
又瑕や欠点のない作品です。
特に片切り刃の作品は珍しく出来のすぐれた作品です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 220,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ