脇差:兼元

ご注文番号: AS16492

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:兼元     

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は  兼元としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:44.3センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:3.19センチ
先幅:2.91センチ
重ね:0.47センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅が広く重ねやや薄く、反り浅く大切先の体配となる。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き肌立ち映りがよく現れる。
刃紋:錵出来三本杉となり、尖り互の目乱れが続き
刃中、砂流、金筋が混じり
帽子同様に尖り互の目乱れとなる。

特徴:兼元は室町時代末期に活躍した刀工で
切れ味が良く、美濃の刀工では最も良く知られた刀工であります。
兼元は初代より江戸時代末期迄続く刀工群であります。
茎の鑢目は鷹の羽の形態でいかにも兼元の作風です。

葵美術より一言:本作の兼元は身幅が広く大切先の豪壮な体配をした作品で
地金は板目肌肌立ち、白気映りが鮮明に現れる。 
大切に扱われてきたと考えられ金着二重のはばきで魅力溢れる作品と云えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 185,000円(消費税、送料共)

落札者あり


——————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553
——————–


ページトップ ご注文フォーム お問合せ