脇差:備州長船祐定(無保証)(仕込み杖)

ご注文番号:AS19247

脇差:白鞘入り、仕込み杖付き(委託品)

銘:備州長船祐定(無保証)

新刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備州長船祐定としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地一重  
刃長:53.0センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.61センチ
先幅:1.88センチ
重ね:0.64センチ
刀身重量:445グラム
時代:江戸時代中期頃
体配:身幅がやや広め重ね尋常な
反り適度に付き切先が延びた体配の作品
地鉄:小板目肌に映りが良く現れる 地金に小瑕がある。
多少の錆や擦れ瑕もございます。
刃紋:錵出来直刃、帽子丸く返るが判然とせず。

特徴:本作の備州長船祐定は江戸時代に入ってからの作品で
出来と銘振りから無保証とさせて頂きます。特に映りが判然と表れる。


拵:仕込み杖(全長:99.5cm)
鞘:桜の木の枝を使用したか桜の木の表面を
はぎ取って製作したのか実に上手く製作されております。
鐺:鉄製

葵美術より一言:明治となり廃刀令が政府から出されると侍は刀を保持する事が禁じられ
侍は仕込み杖と称される方法で刀を道歩いたと言われている。
本作は桜の木の枝を利用してまっすぐな杖を利用して鐺は鉄を使用し杖には
日本刀を仕込んだ作品です。 杖はつなぎ目も分からない状態で製作されております。
なお日本の法律によって仕込み杖に本身を入れて町を歩き回りますと違反行為となりますので
刀身は白鞘に入れて保管下さい。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 160,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.