脇差:備州長船幸久(無保証)

ご注文番号:AS16270(委託品)

脇差:拵え入り、箱付き

銘:備州長船幸久(無保証)
                          
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来はに普通作ランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地一重
刃長:57.3センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.86センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.65センチ
時代:室町時代 永禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い
中切先の優美な体配をした作品で所謂片手打ちの刀。
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり柾目が強く流れ、地錵が付き映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃に小足が細かく入る。帽子丸く返る。

特徴:備州長船幸久は室町時代永禄頃に活躍した刀工で
あまり有名ではありませんが備前の刀工で末備前特有の片手打ちの作品です。

拵:肥後拵え
鍔:木爪型鉄鍔に耳を立ち上げ
亀甲の形をした文様を浅く彫る。信家と銘が有る
縁頭:鉄地に植物の文様を金で色絵  肥後
鞘:変わり塗り鞘
目貫:赤銅地に牛の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言: 備州長船幸久と銘が有りますが
銘に一部が判然とせず無保証とさせて頂きます。
多少小瑕がございますが、生茎で片手打ちと称する茎の短い反りの深い作品です。
研磨はほどこされており、体配も優美な作品で拵えも肥後拵えできちんとしております。
なおこの刀は有島九鬼氏の伝来品でその末裔の方の品物です。

無保証
箱入り
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 180,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ