脇差:備州長船則光/康正元年八月日

ご注文番号:17565

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備州長船則光
康正元年八月日      

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備州長船則光としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:48.2センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:3個
元幅:2.32センチ
先幅:1.9センチ
重ね:0.58センチ
時代:室町時代中期 康正(1455年)
体配:やや小振りで身幅、重ね尋常な
反りの深い脇差で表裏に棒樋を彫り添樋を彫った体配の良い作品です。
地鉄:杢目肌に小板目肌が混じり地錵が付き地景が入って良く混じり
精良な地金となり鮮明な映りが現れる。
刃紋:匂出来丁字乱れとなり小足よく入り帽子乱れ込む

特徴:長光の門人として伝えられた則光は南北朝時代を経て室町時代末期迄続く
本作は応永備前の盛光に酷似した作品で、特によく練れた抜群の地金となり
潤いがあり、地景が入り、当時の状態がよく見て取れる。

拵:天正拵
鍔:赤銅魚魚子地に耳に植物と蜻蛉の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁:赤銅地に筋を入れる。頭:角
鞘:黒呂色鞘。
目貫:赤銅地に家紋を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に泳ぐ鮎の図柄と植物を高彫りし金の色絵をほどこす。
笄:赤銅魚魚子地に8個の細かな家紋を高彫する。

葵美術より一言:則光の初代は嘉元頃と云われ、4代目助右衛門則光の子で五郎左衛門尉と名乗る。
応永時代になると康光、盛光、則光などの刀工がキラ星の如く現れ、同様な体配の脇差
を制作しております。驚くのは備前上手の刀工は地金と刃紋が極めて酷似し
同様な地金を使用していたと考えられる事です。又刃紋も良く似ておりますので
お互いの交流が頻繁に行われていたと考えられます。本作は応永備前の作風を良く継承し
刃紋には破綻が無く地金の覇気のある見事な地金に映りが鮮明に表れ、素晴らしい作品と云えます。
裏銘の康正(こうしょう)元年八月日 は珍しく資料的に貴重です。
拵えは天正拵えで柄の中程を絞り格調ある作品となります。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 600,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ