脇差:備前福岡住祐光(偽銘)

ご注文番号:AS22177
脇差: 拵え入り

銘:備前福岡住祐光(偽銘)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備前福岡住祐光偽名としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:栃木県765号
交付年月日:昭和27年10月14日
鎺:金着一重
刃長:1尺4寸3分センチ(42.42cm)
反り:6分1厘センチ(1.85cm)
目釘穴:2個
元幅:2.5センチ
先幅:1.8センチ
重ね:0.5センチ
刀剣重量:315グラム
時代:不明
体配:身幅尋常で重ね普通、反りが深くつき
切先が伸びごころの体配をした脇差
地鉄:小板目肌良く詰むが小瑕のある部分がある。
刃紋:沸出来互の目乱れ刃紋、判然とせず恐らく再刃と考えられます。切先乱れ込んで刃紋がはっきりとしない。

特徴:本作は残念ながら恐らく偽名であり再刃と考えられる作品です。

拵:半太刀拵え
鍔:赤銅魚子地、木瓜形鍔で空から鬼が下界を見て下界では武者がそれを今にも斬りかかろうとしている図を高彫し金で色絵をほどこす、裏面には松の木と建物の一部を金で象嵌をする。
縁頭:赤銅石目地に周りを金で描く
鞘:黒石目地鞘
目貫:鳳凰の図を高彫し金で色絵をほどこす
小柄:素銅地に2頭の馬が彫られている。
小刀:銘が不明であるが刃はのこっていると考えられます。

葵美術より一言: 刀身はほとんど価値がありませんが拵えそのものは良くできており一作拵えで感心されます。拵えの鞘がこの作品と同様な出来なので過去より大切に扱った作品であろうと考えます。拵えはかなり立派な作品で是非お勧めしたい作品です。拵えの価格として評価ください。

葵美術評価鑑定書
全身押し形 鶴田文佳
※海外送料別途

オークション開始価格:135,000円(消費税、送料共)

落札者あり




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ