脇差:備前国長船住藤原祐定(新刀)

ご注文番号:14684

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備前国長船住藤原祐定(新刀)

鞘書:備前国長船住七兵衛尉祐定
時代寛文頃之作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備前国長船住藤原祐定(新刀)としては上々作にランクされる作品です。
新刀:業物:中上作:備前
研磨済み:上々研磨
登録証番号:
はばき:銀一重
刃長:51.8センチ
反り:1.4 センチ
目釘穴:1 個
元幅:2.7センチ
先幅:2.0センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:435グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの深い作品で切先が伸びる。
地鉄:板目肌に杢目肌が実に良く練れて地錵が良く付き
地景が入り精良な地金となる。
鎬地:板目肌の杢目が混じり柾目が入る
刃紋:錵でき直刃、匂口の深い、
刃縁が柔らかく上品な出来で小互の目乱れに小足が入る。
帽子、乱れ込んで丸く返り金筋が働く。

特徴:身幅、重ね頃合いのやや長めの脇差しで
反りが深く付き切先が伸びる体配の良い作品です。
備前国長船住藤原祐定(新刀)は室町時代に隆盛をみた
備前刀が末期には戦乱の終息や川の氾濫もあって
その勢いはすっかりと消え失せてしまい
本作の祐定一派が火を消さず活躍しておりました。
横山源左衛門、七兵衛尉、横山上野大掾藤原祐定、
河内守祐定、横山七郎右衛門、源五郎祐定、与三左衛門、等が
新刀の祐定の流れを汲んで活躍していたが
室町時代の隆盛を極めて当時とは比較にならないほど寂しい状況であった。
戦争が終わり平和な江戸時代となり、華やかな作品が求められる
時代へと変貌していたのである。

拵:
鍔:円形に刻みを入れた鉄鍔に雁の図型を文様として透かす。
縁頭:赤銅地に山ぶどうの図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒塗り鞘、下値に布を撒いてある。
目貫:四分一地で馬の図柄を高彫りする。
鐺:鉄地

葵美術より一言:本作の祐定は地金が素晴らしく
優れた研磨によって地金が充分に引き出され地景が良く働き
室町時代永正頃の俗名入りの祐定を思わせる最上級の地金となります。
差表の切先と帽子の下に炭籠が中程に3カ所ありますが、
それほど欠点ではなく、地金の美しさにしびれてしまうのです。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

  


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ