脇差:備前国住長船祐定(新刀)

ご注文番号: 19443

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備前国住長船祐定(新刀)

新刀:中上作:業物:備前                   
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備前国住長船祐定としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:1尺9寸3分5厘 (58.64センチ)
反り:7分 (2.12センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.97センチ
先幅:1.93センチ
重ね:0.73センチ
刀身重量:580 グラム
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:ほぼ刀の長さをした作品で身幅が広く
重ねの厚い反りが深い切先の延びた体配の良い作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き、地景が入り綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来直刃、匂口やや深く中直刃となり
二重刃が入り足、柔らかく入って帽子丸く先尖りごころに返り掃掛る。

特徴:備前国住長船祐定は室町時代に多きく発展して来たが
吉井川の氾濫と江戸時代の平和な時代とに
よって備前は衰退していった。しかし江戸期万治頃に七兵衛祐定が表れ活躍する。

拵:
鍔:木瓜形の赤銅魚子地鍔に桐紋を高彫りし金で色絵をほどこす。
縁頭:木瓜形の赤銅魚子地鍔に桐紋を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:朱と黒
目貫:赤銅魚子地鍔に桐紋を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は地鉄の良さと明るく冴えた
直刃出来の作品から七兵衛祐定の作品と考えられ
明るい冴えた直刃で木の作品は匂口の深さは
見事で室町時代に一世を風靡した作品とは
異なり江戸新刀としてのしっかりとした地位を獲得した作品と云えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ