脇差:備中守橘康廣(菊紋)

ご注文番号:16662
脇差:拵え入り(保存刀剣)
銘:備中守橘康廣 (菊紋)
新刀:中上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備中守橘康廣としては上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀一重に龍の図柄を金色で描く
刃長:45.5センチ
反り:0.6センチ
目釘穴1:個
元幅:2.72センチ
先幅:2.17センチ
重ね:0.575センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや浅く
切先が延び心の体配をした作品です。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
鎬地:小板目に柾目が細かく流れる。
刃紋:刃区より直刃。小錵出来、丁字乱れとなり
刃紋は鎬に達する刃紋が連なり帽子丸く返る。
特徴:備中守橘康廣 初代は為康の次男で、
富田五郎左衛門と称し本国は紀州で後に大阪に移住し活躍する。
作風は一文字風の丁子乱れで映りの立つ作品から
匂口の深い濤瀾刃または匂口の深い互の目乱れを制作する。
拵:
鍔:木爪型鉄鍔に金で文様を描く
縁頭:赤銅地に菊の家紋を金で色絵。
鞘:刻み鞘に朱塗りを塗る
鐺:鉄地に金で植物の文様を描く
目貫:赤銅で動物の図柄を高彫りする。
割笄:銀地に線模様を彫る。
葵美術より一言:備中守橘康廣は器用な刀工で、丁字乱れや濤乱刃風の互の目乱れをも焼く
本作は彼の得意な丁字乱れで明るく冴えた作品です。
地には淡い映りが現れる。康廣の特徴は丁字乱れが鎬に達する作品が多く
刃紋の頂上が連なる作品が多い本作もその様な傾向があるが、
足が良く入り瑕や欠点のない出来の優れた作品と云えます。
また拵えが素素晴らしく、しっとりと落ち着いた瑕や欠点のない良く出来た作品と云えます。
保存刀剣鑑定書(※H27年11月審査合格、証書未着)
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ