脇差:備中国水田住国重作

ご注文番号:19165

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:備中国水田住国重作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 備中国水田住国重としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:1尺1寸5分5厘(33.63センチ)
反り:1分(0.303センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.04センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く、三つ棟となり表には大きな樋彫り
護摩箸と梵字を彫り裏には剣を彫りやや長寸の平打の脇差となる。
地鉄:板目肌肌立ち地錵が付き肌目が見える地鉄となる。
刃紋:錵出来、互の目乱れ、のたれが混じり
匂口が深く付き帽子、匂口が深々と付き尖って
返りが深く、棟に焼きが入る刃中に砂流、金筋が良く働く。
特に物打ちから切先にかけては野趣に富んだ傑作となります。

特徴:備中国水田住国重は色々な説があり詳細は不明でありますが、
室町末期から活躍していたと考えられ、
俗名を入れた作品や通常の俗名をいれない作品が数多く制作された。 
出来は、肌立つ地金が多く刃紋もばさけた匂口の深い互の目乱れの作品が多く
刃中、砂流、金筋が入って動きのある作品が多い。
備中水田住大与五国重、備中水田住大月左兵衛尉国重、大月与五郎国重作、
山城大堟国重、その他の俗名を切った作品が多い。
本作は、水田一派の作品で刃紋の華やかな野趣に富んだ瑕欠点のない作品です。

葵美術より一言:備中国水田住国重一派はその荒々しい野趣に富んだ作品が
多くの愛好家から評価されている。本作は見事な野趣に富んだ
水田本来の錵出来を焼き上げております。
瑕、欠点のない素晴らしい作品を是非御薦め致します。

保存刀剣
葵美術鑑定書 : 全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ