脇差:但馬国法城寺橘正則

ご注文番号:20110

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:但馬国法城寺橘正則

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は但馬国法城寺橘正則としては最上作にランクされる作品です。
新刀:中上作:武蔵
研磨済み
はばき:銀一重鎺
刃長:51.5センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:2個
元幅:3.15センチ
先幅:2.49センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量: 635グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く、重ね厚く、反りやや深く付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌実に良く練れて精良な地金となり潤いがある。
刃紋:刃区より匂口の深めの直刃が立ち上がり、
さらに大きくのたれた波の模様を
匂口深めに働く。帽子に匂口深く丸く返る。

特徴:江戸に住し本国は但馬で法城寺国光を始祖として
多くの門人を有する法城寺正照、正広、正則などが大いに活躍する。
法城寺正照の江戸法城寺派は但馬国の法城寺国光を始祖とし
本作の但馬国法城寺橘正則は抜群の地金の良さと
おおらかなのたれ刃紋の作品で一見すると真改を思わせる出来口です。
身幅広く重ねが厚く肉置きの良い豪壮な作品です。

葵美術より一言:豪壮な真改を思わせる作品で
身幅が広く肉置きの良いごりっとした作品です。
地金は詰んで細かな地景が入り美しく
刃紋は大きくゆったりとのたれかなり上手な研磨が行われた作品です。
この健全な作品を是非お薦め致します。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ