脇差:伊賀守源包道

ご注文番号:19618

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(特別貴重刀剣)
銘: 伊賀守源包道
新刀:秀作:業物:摂津

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 伊賀守源包道 としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:素銅地金色絵二重はばき
刃長:47.0センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.17センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.70センチ
時代:寛永頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが浅く切先やや延びる。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付く。
刃紋:錵出来直刃に小足がはいる。帽子丸く返り先、掃掛ちなる。
特徴:右陸奥の門人で作風も師匠に良く似る。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に夜空に雲の間から月と湖畔に鴨が飛ぼうとする図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に獅子が舞う図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:布袋様の図柄を高彫りし金で鍍金をほどこす。 唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧。日本では七福神の一柱として信仰されている。
小柄:赤銅魚魚子地に川と橋、馬にのる人物、龍に乗る人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
小刀:伴入道?

葵美術より一言:伊賀守源包道の作品は一見すると大和物に見える作品が多い。 
本作は身幅重ねしっかりとした作品で直刃出来締まり明るく冴えている。 
拵えはきちんとした作品で華美にはならず上品な作品です。
是非御薦めしたい作品です。

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ