脇差:丹波守藤原吉房

ご注文番号:AS19365

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(委託品)

銘:丹波守藤原吉房
越前住 

新刀:中上作:業物:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は丹波守藤原吉房としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長:35.7センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:2個
元幅:2.96センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量:335グラム
時代:江戸時代延宝の頃 1673年
体配:長さのある平打ちの脇差で身幅が広く重ねがあり
反りやや深く付いた堂々とした作品
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き、肌目が練れてよく見てとれる。
刃紋:錵出来匂口やや深くのたれに浅く互の目乱れとなり
柔らかな足が入る。帽子丸く尖りご頃に焼き下げる。

特徴:丹波守守吉房とも称し延宝の頃に活躍する。
地金が良く詰んで明るく冴えた刃紋で匂口の深い上品な作品です。

拵:
鍔:楕円形の赤銅地 魚子仕立てに耳に
花と蔓を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅磨き地に花と蔓を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘
目貫:赤銅地に花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:赤銅地 魚子仕立てに耳に花と蔓を高彫りし、金色絵をほどこす。
笄:赤銅地 魚子仕立てに耳に花と蔓を高彫りし、金色絵をほどこす。
栗形:鐺:黒漆に花と蔓を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:上品な平打ち脇差しに上品な地金と明るい冴えた
のたれ刃紋を柔らかく焼いて、匂口も同様に柔らかく焼き上げている。
拵えは上品な作品で赤銅地、魚子仕立ての鍔と小柄、笄で統一し、
目貫も素晴らしい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら

 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ