脇差:丹波守吉道(大阪3代)

ご注文番号:17198
脇差:白鞘入り、拵え付き
銘:丹波守吉道(大阪3代)
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は丹波守吉道(大阪3代)としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:55.5センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.85センチ
先幅:2.11センチ
重ね:0.67センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反り適度に付き切先が延びる
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先簾刃となる。
刃中、砂流。細かな金筋が入り帽子弛んで丸く返る。
帽子に丸く飛び焼きを描く。
特徴:吉道は京都の三品派に京丹波守、伏見丹波守、
大阪丹波守、大和守など四系がある。
本作は銘の特徴から延宝頃に活躍した京四代あたりと鑑せられる出来である。
京初代丹波守吉道は京、大阪新刀五鍛冶の一人に数えられ、
伊賀守金道を長兄とする美濃兼道四兄弟の三男であった。
親子兄弟揃って京都に出て、文禄四年(1595)に丹波守を受領。兄
と共に京五番鍛冶を拝命した。元和頃に活躍し、
相州伝の鍛法研究の過程で独特の簾状の焼き刃を考案した。
本作にもその特徴が良くあらわれている。
拵:
鍔:円形の真鍮地に人物と松の木を彫る。
縁頭:真鍮地に桜の木を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:貝殻使用した変わり塗り鞘
目貫:素銅地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚子地に龍の図柄を高彫りする。
保証:保存刀剣 (保存刀剣に合格しなかった場合は即金でお買い戻しを致します)
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ