日本刀販売、刀剣販売、日本刀の買い取り、委託販売、日本刀オークションの開催

info@aoijapan.jp

営業時間 10:00~18:00 (月曜定休日)

東京都渋谷区代々木1-54-6

お知らせ

脇差:丹波守吉道(大阪初代)(特別保存刀剣)

ご注文番号:23431

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘: 丹波守吉道(大阪初代)

新刀: 上作: 良業物: 摂津

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は丹波守吉道(大阪初代)としては「上々作」にランクされる作品です。

鎺: 金色絵一重鎺
刃長: 39.3cm
反り: 0.9cm
目釘穴: 1個
元幅: 2.99cm
重ね: 0.63cm
刀剣重量: 350g

時代: 江戸時代正応の頃、1652年
体配: 身幅がやや広く重ね尋常な反りの深い作品で、平打ちの寸伸び短刀
地鉄: 板目肌練れて肌立ち黒味のある地鉄となる。
刃紋: 沸出来刃区より直刃、物打ちから激しく働き簾刃の全身と思える刃文を焼き上げて帽子丸みを帯びて先掃き掛ける。表裏の刃紋に砂流、金筋がよく働く。

特徴: 京初代次男で正保年間に丹羽守を受領する。大阪丹羽と言われて菊紋を入れず京丹羽と同様に簾刃を制作する。京初代と同様に手を取り合って製作していたと考えられる波紋を製作している。 大阪丹波の祖となり簾刃を製作し2代3代と京を抜かす実力を保有していきました。

葵美術より一言: 本作は珍しく長めの平打ちの脇差で波紋は激しい簾刃のいっぽ手前の作品です。激しく働く中程から鋒にかけて驚くほど京初代の作品と見ております。京初代とその次男とで切磋琢磨をしながら簾刃紋を製作して行ったの違いがありません。三品金右右衛門と称し大阪丹羽の祖となる。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書: 全身押し形

価格:500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら