脇差:丹波大掾藤原重常

ご注文番号:18373

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:丹波大掾藤原重常                
       
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は重常としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:36.0センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.21センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き刀身に剣と独鈷を彫る
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が付き肌立つ地金となる。
刃紋:錵出来直刃に食い違いが葉入り匂口柔らかく帽子、丸く返る。

特徴:江戸時代寛文の頃に加賀で活躍した刀工で4代迄続く。  
本作はその初代で銘は加州住丹後田大掾藤原重常、越前於豊原重常、
加州住丹後守重常などと銘を切る本作は丹波大掾と銘を切り珍しい。 
加賀に丹波大掾重常という刀工があるのできっとその
弟子であったと考えられます。 そして独立し弟子を育てたと考えられます。
江戸中期、寛文頃に加賀国において活躍した丹後大掾藤原重常の脇差。
重常は越前豊原重常同人と伝え本国は播磨の刀工である。
作風は冠落造りの特徴的な体配が見事に調和しており、
刃文のたれ調の乱れ、地鉄板目肌立ち所々杢交じる。
拵えは江戸時代の時代拵えで古調な趣がある。

拵:
鍔:角型の鉄鍔に阿弥陀鑢を入れる
縁頭:赤銅地に菊と波を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色に黒の線を横に入れる
目貫:赤銅地に家紋を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に山伏と武者の戦う図を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:刀身に彫られた剣と独鈷は力強く出来の良い作品です。
刀身は平造りで堂々とした作品で銘には丹波大掾と銘が切れております。 
恐らく重継の門人でかなり多くの作品を制作したと考えられます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 375,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.