脇差(寸延び短刀):伊勢田丸住人藤原永利作

御注文番号:19708
脇差(寸延び短刀):白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(甲種特別貴重刀剣)

銘:伊勢田丸住人藤原永利作
慶應元乙丑年霜月吉日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は伊勢田丸住人藤原永利としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み 最上研磨
はばき:素銅地一重
刃長: 32.3センチ
反り: 0.3センチ
目釘穴:1 個
元幅: 2.84 センチ
重ね:0.58センチ
刀身重量: 250グラム
時代:江戸時代末期
体配:身幅、重ねしっかりと、表に二筋樋を彫り裏には棒樋と添樋を彫る。
地鉄:板目肌に杢目肌が交じり地錵が良く付き肌目が美しく現れる。
刃紋:錵出来尖り互の目乱れを刃区から先まで焼き上げ
刃中、砂流し、金筋が働く。

特徴:藤原永利は近江の刀工で
伊勢田丸永貞の門人として活躍する。

拵:
鍔:木爪形鉄鍔に網代と花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地 魚子仕立てに花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶と黒の漆を刷毛目で描く
目貫:植物の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:赤銅地 魚子仕立てに獅子の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:御勝山永貞の弟子として育ち作風も師匠に似て出来が良い
 まず驚かされるのは研磨の素晴らしさで地金を丁寧に引き続け
最大に地金を引き出し、瑕欠点なく仕上げた技量は素晴らしいと思います。
難しい尖り刃をよくぞここまで刃取りをしたと思います
刃中に働く砂流し、金筋また切先に働く火炎風の激しい働きと
金筋は素晴らしく見る物に感激を与えます。

特別保存刀剣鑑定書
甲種特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 750,000円

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ