脇差:薩摩守兼岡(摂津・新刀)(特別保存刀剣)

ご注文番号:22087
脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘: 薩摩守兼岡(摂津・新刀)

葵美術正真鑑定書 特別保存刀剣 刀剣博物館
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 薩摩守兼岡(摂津・新刀) としては上々作にランクされる作品です。
新刀:摂津
研磨済み
はばき:素銅地一重に金色絵はばき
刃長:1尺4寸9分5厘(45.3センチ)
反り:3分5厘 1.06センチ
目釘穴:1個
元幅:3.11センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.73センチ
刀身重量:490グラム
時代:江戸時代貞享の頃
体配:身幅広め重ねやや厚くしっかりしており
反り深めで切先が伸びる体配の良い作品
地鉄:小板目肌良く詰んで地沸がつき綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来互の目乱れ刃中に足、葉が働き明るく冴えて高低のある作品で帽子丸く返る。鎬地の焼きを残す。

特徴:兼岡は貞享頃に活躍した刀工で摂津の産まれ。出来の良い作品を残すが名前があまり知られていないということは、有名な鍛治の弟子筋として終わったのかもしれません。

葵美術より一言:明るく冴えた互の目乱れの作品を見るとかなり手慣れた刀工と考えられます。煙る様な刃紋に明るく冴えた作品は見事です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら






当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ