脇差:(菊紋)丹波守吉道(京三代)

ご注文番号:18009

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘: (菊紋)丹波守吉道(京三代)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は(菊紋)丹波守吉道(京三代)としては上々作にランクされる作品です。
新刀:中上作:山城
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:54.0センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:.3.01センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.56センチ
刀身重量:570 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:約2cm程の区送りがあるが身幅が広く
重ね厚く反り適度に付き切先が伸びる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き綺麗な山城の地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先簾刃となり
常の作品より激しい刃紋で刃中に砂流し、金筋が良く働く。
特徴:京三代丹波守吉道は三品左衛門と称し、菊紋を茎の上部に彫る。
短命であった為作品数は少ない。 特徴として鎬地に達する刃紋が多い。
本作は簾刃の見事な作品です。簾刃は丹波守吉道の独壇場ですが
制作が極めて難しく江戸時代末期以降の制作は極めて少ない。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に赤銅地と素銅で中国からの物語と思われる図を高彫りし、
金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に牡丹の花を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒路色鞘
目貫:赤銅地 で花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
小柄:赤銅地 魚子仕立てに服を制作する道具を高彫りし、金色絵をほどこす。
笄:赤銅地 魚子仕立てに服を制作する道具を高彫りし、金色絵をほどこす。
小刀:因幡守広重:のたれ刃に飛び焼きが働く
栗形:銀地に文様を彫る
鞘下部に龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言: 本作の京丹波守吉道3代は寛文2年に3代を引き継ぐが
短命であった為に制作本数が極めて少ないといわれている。
切先近辺に玉を焼きこれが大阪丹波守吉道にも恐らく引き継がれていったと考えられま
す。
拵えはかなり上手であり豪華な作品で小柄、笄が赤銅地 魚子仕立ての良品で
縁頭、目貫も花模様でそろえております。
是非この出来の良い3代京丹波と見事な拵えを是非お求め下さい。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 450,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

    


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ